BLOG

旅と、
リハビリ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 長門・萩
  4. 【日帰り観光】長門湯本温泉~古さと新しさが同居する変化目覚しい温泉街~

【日帰り観光】長門湯本温泉~古さと新しさが同居する変化目覚しい温泉街~

子供もオススメな川遊びスポット

昼食後は待ちに待った川遊びです。小魚やカニなど、沢山の生き物たちが子供の相手をしてくれます。全体的に浅く遊びやすい川ですが、当然、深い場所や流れの早い場所もあるので、子供を遊ばせるときは十分注意しましょう。

分かりますかね…。結構大きな魚(多分アユ)が岩のコケを食んでいます。

向かい側では地元のオジサンでしょうか?仕掛けておいたカゴ網を揚げています。中からは大きなカニがぞろぞろ出てきます!

残念ながら川べりに降りる手段は階段のみです。スロープなどもなく車椅子などで川べりまで降りるのは難しいでしょう。

温泉街を散歩

温泉街の新たな名物「星野リゾート界長門」さん。いつかは泊まってみたい…。

長門湯本温泉にはこういった渋い温泉旅館も残っていますよね。

温泉街に沿う様に鉄道も走っています。

大きな貯湯タンク!

音信川には様々なタイプの橋が架かっています。一つ一つ橋の表情も違うので面白いですよ。

朱い橋も沢山架かっています。

残念ポイント

トイレが遠い

まず、公衆トイレの場所がイマイチです。代表的な2か所の公衆トイレが温泉街の両端に設置されています。

冒頭でも説明した様に、長門湯本温泉のメイン会場は温泉街の中央になると思います。ここからだと、公衆トイレが遠い!

勿論、施設のトイレをお借りする方法もあるかもしれませんが、気軽には利用できませんよね…。様々な事情があるのかもしれませんが、中央にも公衆トイレがあれば良かったと思います。

トイレの清掃が不十分

2か所の公衆トイレを利用しましたが、どちらも清掃が行き届いていない印象でした。トイレってお店にしたって、観光地にしたって、その場所の「顔」になる場所なんですよね…。

どんなに素晴らしい場所(お店・温泉街)であっても、トイレで印象↓↓ではとっても残念だと思います。是非、美しい公衆トイレであってほしいなと思いました。

身障トイレも併設してあり、立派な建物ではあるんですが…。

まとめ

  • 夏場は渋滞を避ける為に山間ルート(菊川~豊田)がオススメ
  • 道の駅「蛍街道西ノ市」は必須の立ち寄りポイント
  • 乗用車の場合は長門湯本温泉駐車場(有料)を利用
  • 少ないながらもテイクアウトのお店有り
  • 川遊びは子供にもオススメ
  • 公衆トイレが残念(場所・清掃)

関連記事

プロフィール

プロフィール


下関バリアフリー観光情報の収集・発信を行っている森井広毅(もりい ひろき)と申します。

医療介護施設にて作業療法士として勤務する傍ら、休日は下関を中心とした関門地域で活動。

高齢者や障害者の方が外に出るきっかけになる情報を発信することで、活き活きと暮らす人が増えること。

下関に多くの方が訪れることで、関門地域の活性化にも貢献していきたい。

2004年作業療法士免許取得。回復期病棟や医療療養病棟など医療分野に加えて、訪問リハビリなど介護保険分野も経験。

新病院のリハビリテーション部門立ち上げや通所リハビリ施設の責任者などを担当。

作業療法士→リハビリ専門家、国内旅行業務取扱管理者→旅の専門家、介護支援専門員→介護保険の専門家、住環境福祉コーディネーター→福祉用具の専門家として、「人が活きる」ことを目標として活動中。

プロフィール詳細

ブログ