旅とリハビリテーションのブログ

下関の和菓子店「梅寿軒」創業100年越えは伊達ではありません!

唐戸の裏通りにひっそりと…

唐戸市場と赤間神宮を結ぶ国道9号線の一本裏通りに面して「梅寿軒」が建っています。私が「梅寿軒」を知ったのは、とある知り合いの自宅に伺った時に出された、和菓子の「いしごろも」の味に感動してからです。

「いしごろも」に関しては後ほどご紹介するとして、「梅寿軒」は明治36年創業で110年を超える歴史ある名店です。ただ、いかんせん、観光客が通ることの少ない裏通りに面している為、地元意外にはあまり知られていない名店でもあります。

引用資料:梅寿軒ホームページ

ただ、地元の人々にとっては定番の和菓子店、ちょっとした手土産を買う際にも重宝されるお店だそうです。
スポンサーリンク


和菓子の紹介

まずは定番のもなか。大納言と白小豆の2種類があります。

ういろうです。定番の小豆などに加えて、夏みかんやはなっこりーなど山口の特産品の味などもあります。しかし、漢字で「外郎」と書くんですね。初めて知りました。

シンプルな生外郎は「108円」なので、気軽に買うことができますね。

袋菓子なんかは日持ちがするのでオススメですね。

生菓子です。右手の「いしごろも」が私の一番のお気に入りです。

主力の生菓子が勢ぞろい。真ん中の「わかめ餅」も「梅寿軒」のメインの商品なようです。しかし、わかめって…。勇気がないので食べたことはありません。

ちなみに、「わかめ餅」は名誉総裁賞という凄い賞を受賞しているようです!

詰め合わせなんかも、色々な味が楽しめて喜ばれるかもしれませんね。

個別に生菓子の注文も受け付けてもらえるようです。

買ってみました♪

「円の石」と「いしごろも」の2点を買ってみました。

「円の石」です。白あんベースに白ごま?がまぶしてあります。角のとれたまろやかな甘さです。

真打ち「いしごろも」です。私は甘い物が苦手な訳ではありませんが、買ってまでは甘い物を食べない人間でした。まして、和菓子なんかは特に縁遠いものでした。

そんな私が初めて「いしごろも」を口にしてからは、すっかりファンになってしまいました。

直径は3cm程で、お餅(団子?)を粒感の残る「あん」で包み込むように丸めています。その「あん」の周りにはザラメがまぶしてあります。

「いしごろも」を口にすると、まず最初にザラメの優しい甘さがします。次に「あん」が出てきますが、甘さ控えめのため小豆そのものの味が表に出てきて、素朴で懐かしい味がします。そして最後にお餅の食感が口の中に広がって消えていきます。

小さなお団子ですが、甘さや食感の変化が楽しく、何より小豆の味がストレートに来る味が最高です!

アクセス

唐戸から長府方面に国道9号線を進みます。右手に唐戸市場の駐車場が見える頃に、左手に「第一交通」の建物がありますので、手前の道を右折すると直ぐに梅寿軒が見えてきます。

駐車場も完備してあります。

関連記事一覧

スポンサーリンク

プロフィール

 

 

病院にて作業療法士として勤務する傍ら、休日は

 

下関を中心とした関門地域のバリアフリー観光情

 

報の収集・発信を行っている

 

森井 広毅(もりい ひろき)と申します。

 

 

ご高齢の方や障がいをお持ちの方が外に出るきっ

 

かけになる情報を。訪れる人が増えることで、下

 

関や関門地域の活性化にも貢献できたらと考えて

 

います。

 

 

もっと詳しく見る

ブログ(オススメ記事)

アーカイブ

PAGE TOP