旅とリハビリテーションのブログ

イチゴと野菜と雑貨「ことり農園」

のどかな風景に溶け込む「イチゴ農園」

以前、地元工務店さんのパンフレットに掲載されているのを見て、「連れて行って!」との家族からの要望。ドライブがてら「ことり農園」さんまで買い物です。菊川方面より県道34号線を北上すると、道の駅「蛍街道西ノ市」の手前で左手に、ビニールハウスと小さなコンテナハウスが見えてきます。

スポンサーリンク


道路(写真右側)から見ると小川を挟んで反対側にあります。未舗装の道(懐かしい!)を進みます。

数棟のビニールハウスと右手に小さなコンテナハウスがあります。コンテナハウスの中は野菜と雑貨の販売スペースになります。

500グラム300円⁉

お目当てのイチゴを発見しました。何と、「いびつのため」500グラム300円とのこと。家族も興奮してお土産用も加えて3パックも購入しました。早速、店外で試食。形は不揃いでしたが、甘味と爽やかな酸味が広がります。甘味が主張し過ぎず、素朴なイチゴの味がしました。

野菜と雑貨

フルーツオニオンとキタアカリ(じゃがいも)が販売されていました。

奥には小さな雑貨も並んでいました。

穏やかな女性オーナーと、店外で農作業をしながら御礼を言ってくれたご主人。ほんわかとした良い雰囲気です。
スポンサーリンク


イチゴジャムとジューンベリージャム

買ってきたイチゴ1パックはジャムにすることにしました。小粒で程よい酸味があるイチゴだったので、粒感を残した手作りジャムにはちょうど良かったようです。

コストコサイズのジャムビンを使用したので、容量が大きすぎて何だか寂しい感じになりました…。

我が家の庭でジューンベリーの実がたくさんなっていたので、一緒にジューンベリージャムも作りました。

自家製のジャムは材料に何が使用されているか分かりますし、安心して美味しく食べることができます。

アクセス

駐車スペースは店舗前に複数台あり。近くに「道の駅蛍街道西ノ市」もありますので、そちらでの買い物もセットで行かれることをお勧めします。

雑貨屋さんは秋まで休業とのことです。不定期で開店することもあるようですので「ことり農園」にて確認してみて下さい。

関連記事一覧

スポンサーリンク

プロフィール

 

 

病院にて作業療法士として勤務する傍ら、休日は

 

下関を中心とした関門地域のバリアフリー観光情

 

報の収集・発信を行っている

 

森井 広毅(もりい ひろき)と申します。

 

 

ご高齢の方や障がいをお持ちの方が外に出るきっ

 

かけになる情報を。訪れる人が増えることで、下

 

関や関門地域の活性化にも貢献できたらと考えて

 

います。

 

 

もっと詳しく見る

ブログ(オススメ記事)

アーカイブ

PAGE TOP