旅とリハビリテーションのブログ

臨海絶景の福徳稲荷神社~響灘を望む絶壁に建つ千本鳥居~

碧い海と朱い神社は最高の組み合わせ

下関市街から角島方面へ国道191号線を1時間程北上していくと、突然大きな鳥居が現れます。信号も少なくスピードを出し易い道なので普段はスルーしていまう場所なんですが、今回は足を運んでみることにしました。急な道を上がってみると、立派な社殿と碧い海。最高なロケーションです。加えて、なんと千本鳥居もあるではないですか!
スポンサーリンク


駐車場からの鳥居も立派です

大きな鳥居が突然現れます。「山口県観光コース」という看板もあり。どうやら、観光客もウエルカムな様子ですね。

臨海絶景?どんな景色が広がるのでしょうか?期待が膨らみます。

急坂を登りきると、右手に駐車場が見えます。立派な建物が多い神社のようです。

駐車場から社殿を望む。朱色がまぶしい綺麗な神社です。

本殿から振り返ると臨海絶景

更にもう一段高い場所に本殿があります。

本殿まではかなり急な階段があります。足腰が不自由な方は難しいかもしれません。

実は、15年以上前に国家試験の合格祈願に訪れたままになっていたので、やっと合格報告ができました。お賽銭もいつもより多い100円を使いました。「ありがとうございます」そして「すいませんでした」。

向かって右手にはおみくじ販売所でしょうか?

「男みくじ」「女みくじ」なる物もあるようです。どんなおみくじなんでしょうね?

本殿から振り返ると…、素晴らしい景色が広がります。まさに臨海絶景!特に夕方は正面の響灘に夕日が沈む場面も見られるので、より素晴らしい景色が広がります。

ここにもあった千本鳥居

境内の右手に千本鳥居がありました。ずっと奥まで続いているようです。山口県で千本鳥居といえば、「元乃隅稲成神社」が有名ですが、こちらも負けず劣らず素晴らしい千本鳥居でした。人が少ないので穴場スポットだと思います。

説明文を読みます。要約すると、成功した人たちが鳥居を奉納した場所ということです。うん、縁起が良い場所のようなので、先まで行ってみましょう!

最初は平坦で明るいルートなんですが…。

段々と薄暗くなってきます。境内からも離れていくので人の気配も消えてきます。

途中途中でも、お稲荷さんの社があります。

結構な長いルートなので、途中でベンチなど休憩ポイントもあります。

やっと、少し明るくなってきました。

鳥居の間から海が見えます。

崖の突端にも社がありました。

眼下には碧い海と、国道191号、JR山陰線が走っています。薄暗いルートから突然、この美しい景色が広がります。

千本鳥居の端から端まで歩くと約6分とのこと。「下の社」に向かって下り傾斜になっているので、それなりにハードなルートかもしれません。ルート前半に段差が数段ありますが迂回可能です。介助者が頑張れば、車椅子等でも何とか利用可能と思います。

その他設備

休憩所その①

靴を脱いで上がるようになっており、リラックス出来ます。

休憩所②

立派な陶器で出来ています。こちらは季節の良い時の利用が良さそうですね。

少し離れた場所にトイレがあります。

建物は古いですが、清潔に管理されています。

大便器は少し狭い印象です。

空から福徳稲荷神社

最後に、素晴らしい動画をお届けします。福徳稲荷神社の全景や千本鳥居の長さが良く分かる動作ですので、是非ご覧下さい。




関連記事一覧

スポンサーリンク

プロフィール

 

 

病院にて作業療法士として勤務する傍ら、休日は

 

下関を中心とした関門地域のバリアフリー観光情

 

報の収集・発信を行っている

 

森井 広毅(もりい ひろき)と申します。

 

 

ご高齢の方や障がいをお持ちの方が外に出るきっ

 

かけになる情報を。訪れる人が増えることで、下

 

関や関門地域の活性化にも貢献できたらと考えて

 

います。

 

 

もっと詳しく見る

ブログ(オススメ記事)

アーカイブ

PAGE TOP