BLOG

旅と、
リハビリ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. IADL「手段的ADL」
  4. IADL「自家用車の管理・子供や要介護者の世話」分析と対応方法

IADL「自家用車の管理・子供や要介護者の世話」分析と対応方法

IADL・手段的日常生活とは?

・自家用車の管理(車検保険関連・点検・清掃)
・子供や要介護者の世話

IADLとは手段的日常生活ともいわれており、ADLと比べると誰もが必要な動作ではないが、より高次な能力が求められると言えます。私なりに簡単に要約すると以下の図のようになります。

自家用車の管理(車検保険関連・点検・清掃)分析

自動車運転動作(技能)に関しては、それだけで結構な内容量となる為、別機会にご紹介したいと思います。今回は自家用車の管理⇒「車検保険関係・点検・清掃」について説明していきます。

車検保険関連

車検や保険に関しては、ディーラーや保険会社の担当者が処理するので、手続き上で特段の作業は必要ないかもしれません。ただ、保険などの関しては、自身の利用条件にあっているのか?(保険内容の過不足)に関しては自身で判断する必要があります。

ご高齢の方などの場合は判断に迷うケースもあると思うので、ご家族など周囲のサポートがあれば、より適切な保険契約を選択することが出来ると思います。

点検

余程古い車でない限りは、故障なども少なく車検など定期検査にて対応が可能だと思います。ただ、日常の点検で推奨される項目として以下の内容がJAFより提案されています。毎日は難しいかもしれませんが、自身でも定期的に行えたらよいかもしれませんね。

引用文献:JAFクルマ何でも質問箱

清掃

窓などの汚れが目立ってくると、安全運行に支障が出る恐れがあります。また、車体の汚れが酷いと異常に気付きにくいなどの問題も出てきます。その為、定期的な清掃が求められます。

清掃に関しては、給油時にガソリンスタンドの店員さんにお任せする方法が簡単です。ただ、最近はセルフ式のガソリンスタンドも増えてきており、ご高齢の方などは戸惑うことも多いかもしれません。

動作能力 < 認知能力

上記全ての項目に共通することですが、作業(手続き)そのものは他者に委ねるものが多い印象です。ただ、それらを適切な内容とタイミングで行う為には、十分な認知能力が求められます。

都度、必要な内容は少ない為、周囲のサポートが行い易い項目と言えるかもしれませんね。

子供や要介護者の世話

一般的には、当サイトの対象者である高齢者などは、子供や要介護者の世話とは関係ない場合が多いかもしれません。ただ、最近は老老介護(高齢者による高齢者の介護)や、若い中途障がい者(交通事故による脊髄損傷など)の場合は子供の世話が必要な場合もあるかもしれません。

子供の世話

子供の世話に関しては、膨大な内容になります。年齢や性別など子供自身のおかれた状況にて大きく変動します。また、自身の残存能力や協力者の有無など周辺環境も重要な項目となります。

求められる内容と提供できる内容をマッチングさせること。不足している内容に関しては、協力者やサービスなどを利用していくことが求められます。

要介護者の世話

要介護者の世話に関しても、上記「子供の世話」と共通するところが多くなります。要介護者のおかれた状況、周辺環境などを踏まえた対応が必須となります。

ただ、要介護者に関しては、介護保険サービスという成熟した支援体制があるので、ケアマネージャー(介護支援専門員)や行政窓口(介護支援課など)に積極的に相談してみましょう。

 

関連記事

プロフィール

 

 

病院にて作業療法士として勤務する傍ら、休日は関門地域を中心にバリアフリー観光情報の収集・発信を行っている森井広毅(もりい ひろき)と申します。ご高齢の方や障がいをお持ちの方が外に出るきっかけになる情報を。訪れる人が増えることで、関門地域の活性化にも貢献できたらと考えています。

 

・平成30年度やまぐちユニバーサルデザイン大賞優秀賞受賞

・毎日新聞「ひと人」取材

・古都の浦同窓会講演

 

もっと詳しく見る

ブログ